FC2ブログ

無理やり押さえつけなくても

風子

風子

とても役にたつStand&Stay

【座れ】【伏せ】【立って】

これは私が考える犬が人間社会で暮らしやすくなるために教えてあげたい基本行動です。

特に【立って】は日常の犬のボディケアやお手入れ、そして動物病院で診察する時にとても役立つ行動なので、是非教えてあげて欲しいです。👉立ってを教える


てことで今日の記事は
立って待て+日常のお手入れコーミング編

ちょうどたりあ👿が換毛期に突入したので、お手入れする時にデモ動画を撮ってみました。

楽しくお手入れ(Stand&Stay)



動画ではカームマーカー(good)を使ってます。
(クリッカーを使ってもOKです)

爆毛シェル😅のフィーリの場合、ピンブラシが7割でコームが3割という感じで使い分けていますが、同じダブルコートでもちっちゃくて貧毛ぎみの👿の場合ほぼコームだけでいけちゃう感じです。(ブラシの場合も同じ流れで教えています)

トレーニングする上で大事なポイント
・立って待てをしっかり学習してること(✳️)
・テーブル(を使う場合)の上に乗ることが良いものになってること
・嫌という意思表示(伏せてしまったりその場から離れようとしたり)を尊重してあげること。

そして何よりも犬のペースでスモールステップで進めてあげること。(動画はあくまでもダイジェストであり実際に最初に始めた時は沢山の時間をかけて進めています)

(✳️)”立って待ってるといいことあるね〜♪”をゲームの様に沢山経験するからこそ【立って】の合図が威力を発揮します。手で強引に立たせて行動を教えたり、動いた時にダメと言って脅かして待てを教えたのであれば、その”立って待て”は行動は同じに見えても犬にとっては天国と地獄の差があります。→ここで紹介するトレーニングの武器にはならないってことです。


⚠️もし毛玉などが出来てしまってる場合はこのトレーニングは行わないでください(まずはプロにお願いしましょう)



私は専門家(トリマー)ではありませんので、今日の内容は正しいコーミングのやり方ではなく【お手入れを楽しくする】という視点からの内容になります。

日常のお手入れは大切です。こんなこと書いてる私もADHD的いい加減さ発揮して😨かつてフィーリに毛玉たくさん作ってしまったことがある(爆毛こわーい)😱→その状態でプロにお願いすると犬にめちゃ負担がかかります(時間も長くなるしね)

定期的にプロにお願いしてる場合も、身体を触られたりブラシされたりすること=美味しいこと/そんな怖くないこと。これを犬に教えてあげておいて欲しいです。


貧毛でもWコート(なんかのことわざ的に( ̄▽ ̄))
最終的にはスーパーバック中サイズくらいは取れる👿w

フィーリは...怖くてカウントできない(爆)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村




Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply