FC2ブログ

《続》努力と根性では治りません

風子

風子

予想より全然大丈夫だった
 (昨日の記事のつづき)

テレビを観れたら良かったのにな..。と思ったのは地デジになった翌年のオリンピックの時期までだったかな?.
でもそれはあくまでも「観れたら良かった」ってレベルの感情で「観たいのにぃぃ(泣)」ではなかった。

その記憶が確かなのは、前記事で引用した2012年の別ブログ記事のつづきの部分を読んでもわかります。

スポーツ観戦を趣味とする私としては、この時期だったら駅伝やマラソンにスケートが見られないわけで…そんな状況を我慢していられるのが自分でもびっくり。


テレビを絶対に観れない環境(強制執行)にしただけで、こんなに簡単に「観なくても別にいいんじゃね?」って感じになれるものでしょうか?

実は強制執行だけじゃなくあることを同時にやってました。

それは...


もちろん副作用対策もしました

テレビを観れなくなった(地デジ化)と同時に、大好きなアニメや海外ドラマが観れるようにNetflix・Huluなどを契約したんです。

つまり「テレビを観る」という行動の代わりになる「行動」を作っておいたわけですね。

観たい時に好きなものを観たいだけ観れる。
この条件を満たすものを導入していたのは大正解。
今となってはよくテレビなんか観れてたよねと思う始末...😨

と同時に、YouTubeがひとつのメディアとして台頭してきた時期でもあったのがグッドタイミングでした。

でもそれって...
テレビは観なくなったけどネトフリようつべを延々と観ちゃうのでは?

と思ったそこのあなた( ̄▽ ̄)
ある意味それは正しいww

確かに最初の頃の私もそういう状況になってなかったと言えば嘘になります。でも今の自分の状態を客観的に見ると、そうなってない。なんで?という理由を考えてみました。

・いつでも観れるという環境が逆に「今じゃなくてもいいか」という感情を生み出した。


・シーズンものはまとめて観たいので見逃し配信はすぐ観たいもの以外はあとでまとめて観るようになる。けっきょくそのまま観ないことも。


・あまりにもタイトル多すぎて(観たいジャンルの)タイトル眺めてるだけでお腹いっぱいになってるw




 基本は同じ

私のテレビを観る行動の代わりに用意したものは、私には効果があるけど誰にでも効果があるとは限りません。


依存症対策は10人いたら10通りでの対策が必要だと思います。でも


基本の骨組みは同じです。


☆その行動が出来ない環境を作る(強制執行)

☆やめたい行動の代わりになる行動を用意する(※)



(※)最初は妥協案で考えると成功しやすいです👍


こんな感じね。


Bという行動は好ましい行動とは言えないけど


Aという行動をするよりは全然いいよね。


このAという行動が辞めたい行動(依存症)です。





☆この方法は動物のトレーニングでも使われてるよ。

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村





Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply